自分にあったレンタルスペースを探してみよう

>

ママ友、女子会仕様が多いレンタルスペース

働き方改革で仕事の仕方も変わる

勤務先が一括契約している場合、サテライトオフィスとして個室で環境が充実したスペースをおさえてくれる場合があります。
メリットは、勤務先まで行かなくても仕事が可能だったり、時短勤務を利用する際非常に便利です。
しかし、会社でそのような場所が提供されない場合、今は自分で探して短時間でも利用できるレンタルスペースが沢山あります。
パソコン完備、高速WiFi完備、複合機ありと、ちょっとした作業なら十分なスペースが確保できます。
レンタルスペース 東京 で検索すると、場所を提供してくれるサイトが沢山出てきます。
その中で会議室や作業室を選ぶと、都内の立地のいい場所や、写真付きで中の状態をおしえてくれます。
コメントも「今すぐ利用可」「奇跡の新宿駅から徒歩1分」など、特徴が表示されているのも嬉しいポイントです。

ライフワークバランスに合わせて活用

2019年は働き方改革始動の年です。
在宅勤務、時差出勤によるゆとり出勤などレンタルスペース、レンタルオフィスの需要は高まると見られています。
育児や介護に忙しい方が、レンタルスペースを職場の一角として利用しはじめている人もいます。
家では落ち着いて仕事出来ない、または短時間でもしっかり勤務して、病院や役所などに行きたいという要望が通るようになってきています。
例えば中目黒にある6人までが入室できるレンタルスペースは、会議室や作業室としてかなりの回転率で利用されています。
お値段もお手ごろで9時間1500円 です。時間単位の利用も出来ますが、防音の部屋でストレスフリーに仕事するにはちょうどいいでしょう。コワーキングスペースと呼ばれる、個室ではないですがスッキリした喫茶店のようなスペースを提供している所もあります。
自由に読書にふけったり、仕事したりと各人が異なる作業を集中して利用できるスペースです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る